在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書とは、外国人の方が日本に滞在するための在留資格が認められている事、また日本への上陸基準に適合することを証明する書類です。
略称で「在留資格認定書」と呼ばれたり、英語ではCertificate of Eligibility(COE)と呼ばれています。

 

下記のように日本にいる方が海外の外国人を呼び入れたい場合に使われます。
・海外にいる外国人を社員として雇用して日本に呼び寄せたい
・中国料理の料理人を日本の中国料理店で雇いたい
・通訳者として外国からスタッフを雇いたい
・外国人と結婚したので、配偶者を日本に呼びたい
・外国にいる自分の子どもを日本に呼び寄せて一緒に生活したい(家族滞在)

 

このような「日本にいる方」が「外国人の方」を「日本へ呼ぶ」ためには、事前にに在留資格認定証明書の交付申請をする方法が最も良い方法です。
在留資格認定証明書を海外の日本公館(大使館・領事館)に提示して査証(ビザ)の発給申請をした場合には査証(ビザ)の発給が迅速に行われるからです。

 

〇手続きの流れ
「在留資格認定証明書の交付申請をする」(申請者は日本にいる方(配偶者・雇用主・知人など)

「在留資格認定証明書を海外にいる外国人に送付する」

「海外の日本公館(大使館・領事館)にて在留資格認定証明書を提示して査証(ビザ)を申請する」(在留資格認定証明書の有効期限の3ケ月以内に行う必要)

「日本入国時に在留資格認定証明書と査証(ビザ)を提示して上陸許可を受ける」(在留資格認定証明書の有効期限3ケ月以内に行う必要)
※ここでも在留資格認定証明書を提示する外国人は上陸審査も迅速に行われます。

 

〇必要な書類
申請に必要な書類は認定を受けたい在留資格によって異なりますが、おおよそ次のような書類になります。
・申請書
・本人の写真(4㎝×3㎝)
・旅券(パスポート)
・認定を受けたい在留資格に応じた立証書類(在留資格ごとに必要書類が異なります)
ex.技術・人文知識・国際業務であれば
・会社の登記事項証明書
・直近の決算報告書(貸借対照表・損益計算書)のコピー
・会社案内
・雇用契約書又は雇用予定証明書(雇用期間・給与などの雇用条件の記載が必要)
・採用理由書
・履歴書
・学校の卒業証明書又は10年以上の実務経験を証明する書類
などになります。

 

〇認定までの期間
在留資格認定証明書は出入国在留管理庁での申請から審査が完了するまで1ヶ月~3ヶ月かかります。余裕をもって書類作成・申請することが必要です。

関連商品

  1. 在留期間更新許可申請

    引き続き日本に滞在したい、雇用している外国人を引き続き雇用したいなどの手続きを致します。

  2. その他在留資格手続き

    「就労資格証明書交付申請」「資格外活動許可申請」「永住許可申請」ほか各種在留資格はお気軽にご相談下さい。

  3. 在留資格変更許可申請

    留学から日本で就職する際の就労資格への変更など各種在留資格変更許可申請についてご相談下さい。

ページ上部へ戻る