NPO法人設立認証申請:NPO法人ホームスタディーサポート様

岡山市のNPO法人ホームスタディ―サポート様はNPO法人設立認証申請について、グラスルーツ行政書士事務所に手続きの依頼をされました。

NPO法人ホームスタディーサポート理事長の髙原健人様と理事の髙原恭一様に依頼の経緯や手続きについてお話を伺いました。

 

<NPO法人ホームスタディ―サポート様 概要>
設立  2021年9月28日(登記完了日)
事業  ①小、中、高校生の学習支援事業
    ②生涯教育の提供、支援事業
    ③生徒育成に携わる人材の育成と場所確保を担う事業
    ④教育上必要な教材作成を行う事業
    ⑤上記①~④に関する普及、啓発を行う事業
    ⑥その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

<設立認証までの流れ>
お問合せ    2021年5月3日
初回面談日   2021年5月8日
お申込日    2021年5月10日
設立認証申請日 2021年8月10日
認証日     2021年9月24日

 

〇今回、グラスルーツ行政書士事務所への依頼内容と依頼した経緯を教えてください。
NPO法人を設立したいと思っていたので、その認証申請をお願いしました。ある程度は定款を作成していたのですが、全くの素人だったので法律的なことの知識も薄かったですし、手続きに関して手間も非常にかかると思っていたのでお願いしようと思いました。田口さんとは元々、地元プロスポーツチームのボランティア活動を通じて知り合いであり、良く知っていた方なのでお願いするにも安心感がありました。

 

〇NPO法人を設立しようと思った理由は何でしょうか?
私たちの大きな目標である不登校児童や通信制学校に通う子どもたちのサポートまで、より多くの子どもたちの支援をするためにはどのような会社形態が良いのか考えていました。その中で、NPO法人として活動していくことが一番しっくりときたことが一番の理由です。また、田口さんと最初に面談させていただいたとき、目標達成のためにはNPO法人が良いのではというお話をいただいたときに決心しました。

 

〇今回の設立認証申請の過程で大変だったことや印象に残っていることはありますか?
一番大変だと思ったのは定款の中身について何度も手直しがあったことです。言葉の使い方や表現について細かく修正がありました。定款はNPO法人の活動の根幹となる部分であり、多くの方が携わる団体になるので、しっかりと作りこまなくてはならないものなんだと認識しました。

 

〇グラスルーツ行政書士に依頼して良かったことはありますか?
定款作成の作業に取られる時間を依頼することで短縮できたことです。法人登記についても良い司法書士の先生を紹介いただけたり、自分たちだけではわからないことや情報も田口さんから頂くこともできたのでその部分においてもメリットがりました。

 

〇NPO法人を設立しようと思ってる方へのアドバイスなどありますか?
NPO法人設立の手続は思っている以上に大変です。時間もとられますし、いろいろな知識も必要ですので、専門家の先生にお願いできる部分はお願いされた方が良いです。
お願いすることで生まれた時間を別のことに上手に利用して効率の良い活動をすることをおすすめします。

 


髙原様、お忙しいところ有難うございました。

 

ページ上部へ戻る