ブログ

2021年振り返り

まもなく2021年が終わろうとしています。


この1年間コロナ禍でありながら昨年よりもご依頼案件が増加し、さまざまな申請をさせていただきました。簡単に振り返ってみたいと思います。


当事務所のメイン業務でもある外国人関係業務としては
・在留資格認定証明書交付申請(技術・人文知識・国際業務、研究、家族滞在、技能、日本人の配偶者等)
・在留資格変更許可申請(特定技能、家族滞在、経営・管理、興行、定住者、技術・人文知識・国際業務)
・在留期間更新許可申請(技術・人文知識・国際業務、特定活動)
・永住許可申請
のほかに
・技能実習生受入れのための事業協同組合設立申請
・監理団体の外部監査
といった多くの業務を手掛けることができました。


外国人関連業務は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外国人の入国が制限されてきましたが、国内在住外国人の在留資格変更・期間更新の問い合わせも多く、またコロナウイルス感染が落ち着くことを見越しての在留資格認定証明書(COE)の交付申請についてもご相談・ご依頼が多くありました。


また所属している岡山行政書士グループコスモス会による在留資格無料相談も岡山市役所に加えて倉敷市市役所でもスタート、多くの外国人の方からの相談対応を致しました。


2022年に向けての案件としては
・在留資格認定証明書交付申請(技術・人文知識・国際業務)
・在留資格変更許可申請(技術・人文知識・国際業務、経営・管理)
・在留期間更新許可申請(家族滞在)
・帰化許可申請
・技能実習生受入れのための監理団体許可申請
・監理団体の外部監査
といったものもあり、新型コロナウイルスの影響が少なくなっていけばさらなる他の相談・業務依頼を期待したいところです。


外国人関連業務以外では
・顧問契約(法務相談等)
・建設業許可申請(新規、更新、事業年度終了報告書)
・医療法人(医療法人設立申請、分院設立申請、決算報告、開設事項変更許可申請)
・古物商許可(新規申請、変更届)
・貨物利用運送許可申請
・弁護士法人設立申請
・産業廃棄物収集運搬許可申請
・NPO法人設立申請
・契約書作成
などの業務を行いました。


2022年に向けての相談中・進行中の案件としては
・建設業許可(事業年度終了報告)
・医療法人解散手続き
・一般社団法人設立申請
といったものがあります。


引き続き、既存のお客様や同業の行政書士・弁護士・司法書士・税理士・社労士といった士業の方々からの紹介が多く、新規案件については大半が紹介案件となっています。


このような皆様の信頼にお応えできるよう2022年はコロナ禍を乗り越え、今まで以上に真摯に業務に取り組んでいきたいと考えております。

関連記事

ページ上部へ戻る