ブログ

米英仏など106か国の入国拒否を解除 8日から

こんにちは、岡山の入管申請行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


先日「米英仏など106か国の入国拒否を解除 8日から」というニュースが飛び込んできました。

これによると
「政府は新型コロナウイルスの水際対策について、アメリカやイギリス、フランスをはじめ、ヨーロッパやアジアなどの106か国の入国拒否措置を解除することを決定しました。政府は6日、国家安全保障会議の緊急事態大臣会合を持ち回りで開催し、106か国の入国拒否を8日から解除することを決定しました。法律上の指定を解除した上で、日本への入国をビジネスや留学などの目的に絞る措置は継続します。」
とありました。


結局は法律上の指定解除であり、実際の日本への入国はビジネス・留学などの目的に絞る、ということです。現状とあまりかわらないということですか、、。


しかしコロナ感染の状況は相変わらずですが、withコロナの対応が企業でもどんどん進んできている感じがします。


それにあわせて最近ビザ関係の問い合わせ・手続きも増えてきました。


在留資格変更・在留期間更新や永住申請もですが、在留資格認定証明書交付申請(COE)が増えてます。


外国人の入国ができるようになったこともありますが、企業の人手不足もかなりのもののようです。


これからも相談・手続きがどんどん増えていく予感がしています。


対応できるように事務所の体制も早急に整えていく必要があると感じています。

関連記事

ページ上部へ戻る