ブログ

永住ビザと帰化の違い

こんにちは、岡山のビザ申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


日本で長く暮らしていくためのビザとして「永住ビザ」と「帰化」のどちらが良いですか?という質問を受けることがあります。


どちらもメリット、デメリットがあるのでその方のビジョンによって選択する方法が変わってきます。


「永住」と「帰化」の違いとしては


【永住】
・国籍  外国籍のまま
・公務員 なれない(一部除く)
・パスポート 外国のもののまま
・選挙権 なし(一部自治体除く)
・被選挙権 なし(一部自治体除く)
・退去強制制度の適用 受ける


【帰化】
・国籍  日本国籍になる
・公務員 なれる
・パスポート 日本のものを取得
・選挙権 あり
・被選挙権 あり
・過去退去制度の適用 受けない


「永住」は国籍は外国のままで日本にそのまま住める権利。しかし日本人でないので日本人としての権利をすべて取得できない。


「帰化」は日本人になることなので、外国籍の権利はすべて放棄して、日本人としての権利をすべて取得できる


ということになります。


具体的にメリット・デメリットを整理すると


●メリット
【永住】
・母国の国籍そのままで安定的に日本に滞在できる
・ビザの更新が不要となり無期限で在留できる
・在留活動の制限がなくなるので職業選択の幅が広がる
・ローン等が組みやすくなる
・離婚、失業にかかわらずビザを失うことがない
・子どもや配偶者の永住申請時に審査要件が一部緩和される


【帰化】
・日本人となるので日本在留のためのビザが不要になる
・日本のパスポートを持てるので海外出張や海外旅行に行きやすくなる
・公務員になることができる
・選挙権、被選挙権を得ることができる


●デメリット
【永住】
・再入国許可を得ずに出国すると、永住ビザが消滅してしまう
・退去強制事由に該当してしまうと日本から退去を強制される場合がある


【帰化】
・元の母国の国籍を失い、再度母国の国籍取得をしようとしても取得が難しい

 


「永住」「帰化」ともにその申請については膨大な書類と時間を要します。


ご本人でも申請は可能ですが、かなりの労力と時間を費やすことになります。


専門家である行政書士に依頼すれば行政書士がかなりの部分を代行しますので負担が少なくなりストレスも軽減されます。


ぜひお気軽に当事務所までお問い合わせください。初回相談は無料です。

関連記事

ページ上部へ戻る