技術・人文知識・国際業務ビザ取得:株式会社創心會様、NGUYEN THI THUY TIEN様(ベトナム国籍)

岡山県の株式会社創心會様は、新卒採用に際してNGUYEN THI THUY TIEN様のビザ(技術・人文知識・国際業務)取得をグラスルーツ行政書士事務所に依頼されました。

株式会社創心會の内部監査室室長国際福祉人材開発担当の宮内祥様と申請人のNGUYEN THI THUY TIEN様に依頼の経緯や手続き内容についてお話をお伺いしました。

<株式会社創心會様 概要>
HP      https://www.soushinkai.com/
資本金    3,000万円
関連会社   株式会社ハートスイッチ、株式会社リンクスライブ、合同会社ど根性ファーム
       合同会社 連、SSK茶屋町クリニック、社会福祉法人 創心福祉会 
設立     平成8年5月1日

<ビザ取得までの流れ>
初回面談日        2019年2月13日
お申込み日        2019年2月14日
入管申請日        2020年3月 4日
許可日(はがき受取日)  2020年3月11日


<宮内様>


〇貴社の事業内容を教えてください。
⇒創心會グループは社会や地域の様々な課題に取り組む、ソーシャルイノベーション企業です。中核企業である株式会社創心會はデイサービス、訪問看護、訪問介護、グループホ-ム、居宅介護支援などといった介護事業を主に行っています。グループ会社では福祉介護事業のコンサルティング、就労移行支援、農業など行っています。

〇拠点は?
⇒倉敷市を中心に岡山県、広島県、香川県に49事業所を設けて事業を行っています。(2020年8月)

〇今回グラスルーツ行政書士事務所に何を依頼しましたか?
⇒NGUYEN THI THUY TIENさんの弊社への就職内定に伴い在留資格「留学」から「技術・人文知識・国国際業務」への資格変更手続きを依頼しました。

〇これまで外国人従業員の採用はありましたか?
⇒2名の新卒・中途採用の実績はありました。他に資格外活動でのアルバイトとして留学生の採用の実績もあります。

〇当事務所に依頼された理由は何でしょうか?
⇒ある団体のセミナーでご一緒させていただいたのが田口行政書士との最初の出会いでした。その団体による介護日本語テキストの監修をさせていただいたのですが、その担当も田口行政書士がされていていろいとやりとりをさせていただきました。他にも行政書士で知っている方もいたのですが、今回のビザ申請は期限まであまり時間がなく、TIENさんが神戸の大学に行っていたこともありフットワークが軽くスピーディーに申請ができる方のほうが良いと思って田口行政書士に依頼しました。

〇今回のビザ取得に際して大変だったことは何でしょうか?
⇒今後介護人材を採用していく方針ですが、実績がまだあまりないためその事業に関する計画書を作成することになりその計画書作成についてです。会社の採用ビジョンを把握して今後の方針を推し量って計画書に落とし込んでいくのに手間取りました。あとは在留資格変更の申請手続きの依頼が2月中旬頃になってしまったので4月1日からの就労に間に合うかどうかちょっと心配でした。

〇当事務所の評価はいかがでしょうか?
⇒今回は短期間での申請だったので、いろいろと助けていただき有難うございました。星4つです。あとは事業計画書のフォーマットがあればもっと手間が掛からなかったのでもう一つ星を増やせたのですが、、、(笑)。

〇外国人採用でビザに悩んでいる方へのアドバイスをお願いします
⇒ビザ申請をわからないなりにするのではなくしっかりと専門家に相談して行ったほうが良いと思います。企業の人事担当者が入管の窓口で書類の不備で帰られていくのを何度が見たことがありますが、2度手間3度手間になって時間がもったいないですね。専門家にしっかり相談してクオリティの高い書類作成をして申請までお願いすれば、効率が良いと思います。


<NGUYEN THI THUY TIEN様>


〇どんな目的で来日されましたか?
⇒ベトナムのフエ外語大学で日本語を学んでいました。将来的に日本で働きたいという希望がありましたが、少しでも早く日本に留学したいと思い3年生で中退して来日しました。来日後は神戸国際大学の別科で1年間日本語を勉強した後に同大学の経営学部に入学しました。

〇なぜ日本で働きたいと思ったのですか?
⇒日本に留学した外国人の多くは日本のアニメ等が好きで日本に興味を持って来日していますが私は違います。高校の頃、大学で外国語を勉強したいと思っていましたが日本語だけでなく英語・フランス語など特にこだわりはありませんでした。ちょうどその頃に日本企業がフエにもどんどん進出して、私の中に徐々に日本の企業で働いてみたいという憧れが出てきました。そうしたことが日本企業で働きたいと思ったきっかけです。
   
〇田口行政書士に会った第一印象はどんな感じでしたか?
⇒最初は神戸の入管で会ったのですが入管から三宮駅まで歩いて行く間にいろいろと話をしました。しっかりと話を聞いてくれてやさしいそうな人だな、と感じました。

〇田口行政書士とのやりとりで印象に残っていることはありますか?
⇒ビザの許可のハガキが到着したという連絡をいただいた時に、それから何をしなければいけないか等くわしいことをメールで丁寧に連絡いただいたことです。

〇これからの生活についての抱負や目標をお聞かせください。
⇒ベトナムも今後は高齢化社会を迎えていきますが、創心會で学んだ日本式の介護をべトナムに伝えていきたいと思っています。今は外国人の採用担当としての仕事をしているのですが、自分が採用したベトナム人を教育して、自分がマネジメントをしながら一緒にベトナムで介護事業をやっていくことが夢です。


宮内様、TIEN様、お忙しいところ有難うございました。

ページ上部へ戻る