技術・人文知識・国際業務ビザ、家族滞在ビザ取得:TRAN LONG HAI様(ベトナム国籍)

広島県福山市にお住まいの会社員TRAN LONG HAI様はご自身のビザの取得(技術・人文知識・国際業務)と奥様のHOANG THI MO様のビザ取得(家族滞在)に際し、グラスルール行政書士事務所へその手続きを依頼されました。

TRAN LONG HAI様とその奥様のHOANG THI MO様にその依頼の経緯や申請手続きの流れなどについてお話を伺いました。

<TRAN LONG HAI様のビザ取得までの流れ>
初回面談日        2018年12月26日
お申込み日        2018年12月26日
申請書類お渡し      2018年1月31日
入管申請日        2018年1月31日
在留カード受け取り    2020年3月15日

<HOANG THI MO様のビザ取得までの流れ>
初回面談日       2018年3月15日
お申込日        2018年5月30日
入管申請日       2019年6月19日
許可日(はがき受取日) 2019年9月28日

 

<TRAN LONG HAI様>
〇まずはどんな目的で来日されたかをお聞かせ下さい。
⇒日本で働くことが目的で来日しました。就労ビザの取得のために岡山の専門学校の自動車整備を学ぶために入学しました。

 

〇今回グラスルーツ行政書士事務所に何を依頼しましたか?
⇒専門学校卒業後の就職先として福山の自動車整備会社に内定が出たのでビザの変更手続き(留学⇒技術・人文知識・国際業務)に必要な書類作成をお願いしました。妻については在留資格「家族滞在」のための在留資格認定証証明書交付申請を依頼しました。

 

〇当事務所に依頼された理由は何でしょうか?
⇒専門学校にビザ変更の相談をしたところ紹介されたのが田口先生でした。専門学校からの紹介だったのでちゃんとした先生だと思って依頼しました。

 

〇田口行政書士に会った印象はいかがでしたか?
⇒やさしい人だなと思いました。説明をちゃんとしてくれましたし、わからない言葉もしっかりと教えてくれました。電話してもきちんと話をしてくれて真面目で信用できる人だなと思いました。

 

〇今回のビザ取得に際して大変だったことは何かありましたか?
⇒まず、日本語が難しかったです(笑)。いろいろな書類も見慣れない漢字が多かったので大変でした。あと自分のビザ変更申請については入管より追加資料の提出要請があったことです。そのための資料集めや陳述書などの作成等が大変でした。そしてビザの変更許可をいただけるのかどうか?許可が出なければ日本で働くことができなくなるのでとても不安でした。
 妻のビザ申請も追加書類が必要となりました。妻は以前、家族滞在で日本にいたことがあるのですが、期間更新時に不許可になってベトナムに帰国していたこともあり今回の許可までかなり時間を要したのでこちらも許可が本当にでるのか不安でしたね。
 日本で仕事もできるようになり妻とも一緒に暮らせるようになったので田口先生には感謝しています。

 

〇奥様と一緒の暮らしがスタートしてますが、これからの生活についての抱負や目標をお聞かせください。
⇒車関係の仕事をしていることもあるので早く車の免許を取得して車を買って運転したいです。あと、ベトナムに子どもを残しているので早く子どもを呼び寄せて一緒に暮らしたいです。日本の生活は便利で暮らしやすいので早く家族一緒に暮らせるようにしたいです。

 

TRAN LONG HAI様、HOANG THI MO様、お忙しいところ有難うございました。これからもお幸せに暮らしていってください!

ページ上部へ戻る