ブログ

建設キャリアアップシステムと外国人雇用

こんにちは、岡山の入管申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


 ある方より「建設キャリアアップシステム」についてのご質問を受けました。

「建設キャリアアップシステム」は建設業に携わる方、及び建設業で外国人労働者を雇用しようと考えてる方には今後必要になってくるシステムになります。


「建設キャリアアップシステム」とは、技能者ひとり一人の就業実績や資格を登録し、技能の公正な評価、工事の品質向上、現場作業の効率化などにつなげるシステムです。

このシステムには事業者・技能者双方が登録する必要があり2019年4月より運用が始められました。


 事業者としては、技術者の就労状況等を容易に確認できるほか、入退場時にICカードを使用することにより現場の入場管理等の効率化が図れること。技能者としては、自分の資格や就業履歴を証明できるため働く現場にかかわらず適正な評価と処遇が受けられるというメリットがあるとされています。


 「特定技能」では2019年4月から外国人を就労させるために登録が必要になっていましたが、2020年1月より「技能実習」での受け入れにおいても登録が必須となりました。


現在、建設キャリアップシステムへの加入は強制ではないのですが、外国人労働者を雇用する場合は建設キャリアアップシステムへの登録と建設業許可を受けていることが条件となっているので注意が必要です。


 当事務所では外国人雇用に関する就労ビザ(在留資格)の取得、特定技能・技能実習に関する支援、建設業許可等の各種許可申請のサポートを行っていますのでお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る