ブログ

大学と専門学校の留学生の就職で違うことは

こんにちは、岡山の入管申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


留学生の採用を検討されている企業が少しづつ増えてきています。


日本で生活している留学生は日本の生活習慣に慣れ、日本語能力も一定以上ある方も多いので入社しても適応が早いという判断かと思います。


但し気をつけなければいけないのは大卒と専門学校卒では、卒業しても就労ビザがおりない専攻分野があるということです。


ひとつは、学歴要件です。


学歴要件としては、大学院・大学・短大・専門学校を卒業しているということです。


日本語学校のみの学歴では要件を満たしません。


しかし、海外の大学院・大学・短大を卒業していればその学位等は含まれます。海外の専門学校卒は含まれません。


あとは、専攻していた内容と日本の企業で従事しようとしている職務内容との関連性があることが必要です。


大学以上の学歴のある留学生は、職務内容との関連性は比較的緩く審査されますが、専門学校卒の場合は関連性が強く求められます。


そして専門学校の学科の場合、卒業しても日本にあるビザに該当しないものがあります。


例えば「美容」「ヘアメイク」「エステティシャン」「調理」「パティシエ」「手芸・家政婦」「保育士」というった分野になります。


但し、服飾・家政の専門学校卒でデザイナーとして就労する場合、「技術・人文知識・国際業務」の国際業務に該当すれば就労ビザの取得は可能になります。


いずれにしても採用を決定する前に、その留学生が就労できるかどうかの確認を事前にしっかりしておく必要があります。


内定を出した後に、就労ビザが取れないなどのトラブルを避けるためにも、丁寧な対応が必要です。


当事務所では、留学生採用をお考えの企業様のサポートを致しますので、どうぞお気軽にお問合せください。

関連記事

ページ上部へ戻る