ブログ

外国人技能実習機構

こんにちは、岡山の入管申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


 外国人技能実習生を受け入れる場合、必ず「外国人技能実習機構(OTIT)」を通して各種申請をすることになり避けて通れない組織になります。


この「外国人技能実習機構」とは、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律に基づく法務省及び厚生労働省が所管する認可法人です。


 技能実習法に基づき、外国人の技能、技術又は知識の修得、習熟又は熟達に関し、技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図り、もって人材育成を通じた開発途上地域等への技能等の移転による国際協力を推進することを目的として運営されています。


 具体的にはここでは
・技能実習計画の認定
・実習実施者・監理団体への報告要求、実地検査
・実習実施者の届出の受理
・監理団体の許可に関する調査
・技能実習生に対する相談・援助
・技能実習生に対する転籍の支援
・技能実習に関する調査・研究 等
といったことが行われています。


また、技能実習生を受け入れるための監理団体として許可されるための申請もこの外国人技能実習機構に対して行われます。


 外国人の技能実習に関係する機関はこの外国人技能実習機構と連携を取りながら実習を進めていくことになります。


当事務所では外国人の技能実習に関わる、事業協同組合の設立申請・監理団体設立申請・技能実習計画認定申請・外部監査などサポートしておりますのでお気軽のご相談いただけたらと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る