ブログ

留学生の在留資格変更許可申請

こんにちは、岡山の入国管理局申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。

この春卒業して日本で就職した留学生の在留資格変更手続を複数名分させていただきました。

資格変更できなければせっかく日本で得た就労の機会をなくすことにもなるので注意を払いながら申請しました。

結果的には全員変更許可されたのでほっとしてますが、大半の申請で追加書類を求められました。

預金通帳の写しや所得・課税証明、納税証明などです。

資格外活動でのアルバイト時間が所定の時間をオーバーしているかどうかの確認だと思われます。

変更許可申請直前にアルバイト時間を削減しても既に遅いので、入学してからすぐに資格外活動の時間はオーバーしないようコントロールする必要があります。

学校側もそのようにきちんと指導していかなくてはなりませんね。

せっかく内定もらえても在留資格がもらえなければ帰国しないといけない事態になるかもしれませんから。

関連記事

ページ上部へ戻る