ブログ

在留期間更新許可申請

こんにちは、岡山の申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。

3ケ月以上日本に在留する外国人は必ず在留カードを持つことになっていますが、そのカードには有効期限があります。うっかりするとその期限を過ぎてしまう可能性があります。

「在留期間更新許可申請書」とは、日本に滞在する外国人が当初予定していた滞在期間を更新するための申請書です。更新を忘れると不法滞在になりますから、必ず必要書類の提出が大事です。
・在留期限が近づいているが、引き続き日本に在留したい。
・雇用している外国人の在留期限が近づいているが、引き続き雇用したい。
などのようなケースが想定されます。

但し、更新については「更新を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り、許可することができる」とされています。
更新を申請すれば必ず許可されるものではありません。違反行為がある場合、不許可になることもあります。
・留学生として日本に在留しているのに、授業の成績・出席率が悪い
・日本人の配偶者として日本に滞在しているのに、同居していない
・就労をするために日本に滞在しているのに、仕事を辞めている。または、転職が頻繁である。
・与えられた在留資格に認められている活動以外の資格外活動を黙って行っている
・納税義務を果たしていなかったり、犯罪をした場合
などです。
在留資格更新が不許可になるということは、外国人の方が日本に在留することが出来ないということなりますので、私生活から注意することを心がけることが必要です。

〇必要な書類
・在留期間更新許可申請書
・写真(4cm×3㎝)
・在留カード
・旅券(パスポート)
・活動に応じた書類(在留資格ごとに必要書類が異なります)
ex「技術・人文知識・国際業務」の場合
・総所得の記載のある県・市民税課税証明書及び納税証明書
・在職証明書又は雇用契約書のコピー
・健康保険証のコピー
などです。

〇許可が下りるまでの期間
2週間~1ケ月

引き続き日本に滞在するには在留期間の更新が必須です。在留期間更新許可申請について疑問点などありましたら、お気軽に外国人雇用サポートセンター岡山・グラスルーツ行政書士事務所までお問い合わせ下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る