ブログ

再び入国制限に

こんにちは、岡山の申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


11月5日に、「ワクチン接種承継保持者に対する入国後の行動制限及び外国人の新規入国制限の見直し」が発表されたばかりですが、オミクロン株の感染拡大に伴い急遽方針が180度転換され、入国制限が強化されました。


緊急避難的措置ということで予防的観点から当面1ケ月間の措置のようです。


①オミクロン株に対する指定国・地域
 新たな変異株であるオミクロン株について別途の指定


②外国人の新規入国停止 
 11月30日(火)午前0時(日本時間)以降の外国人の新規入国を停止(査証発給済者含む)


③有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置の見直し
 (1)11月30日(火)午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置に係る新規申請受付及び審査済証の交付を停止
 (2)12月1日(水)午前0時(日本時間)以降の帰国者・再入国者等について、有効なワクチン接種証明保持者に対する3日間停留措置の免除及び待期期間短縮措置(14日⇒10日)を停止


④モニタリングの強化等
 オミクロン株に係る指定国・地域からの帰国者・入国者について、入国者健康確認センターの健康フォローアップを強化、変異株サーベイランス体制を強化


⑤入国者総数の引き下げ
 12月1日(水)午前0時(日本時間)以降、日本に到着する航空便について、既存の予約について配慮しつつ新規予約を抑制


というのが要旨です。


11月5日に入国緩和された方々が入国できなくなったということかと思います。日本人や再入国する外国人は入国可能なんだと思います。日本人配偶者等も入国は配慮されるのかもしれません。


あと行動制限緩和はなくなったようです。
厚労省のホームページでこの内容が掲載されています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000860078.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る