ブログ

事務所名の由来

こんにちは、岡山の申請取次行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。


今回は事務所の名前の由来についてお話ししたいと思います。


「グラスルーツ行政書士事務所」というのが事務所の名前で、主に外国人のビザ申請を中心とした業務を行っています。


『グラスルーツ』というのは英語で『grassroots』となります。「草の根」「民衆」「基本」「根源」「本質的な基礎又は起点」ほかには「田園地帯」というような意味があります。


元々サッカーが好きなのですが、サッカー界でこの「グラスルーツ」という言葉が使われています。


ピラミッドの頂点がプロサッカー・Jリーグだとすると底辺の部分が子どもやシニアや女性・障がい者などがグラスルーツというカテゴリーになります。


私は、新しいフィールドに種をまき、芽を出し、根を張って地に足をつけて頑張っていこうとする方、グラスルーツのような方を行政書士の立場で支えてサポートしていきたい、そのような意味を込めて事務所名にしました。


具体的には新しい事業を始める、会社を設立してチャレンジする、日本に来て働く・生活しようとする外国人の方のビザ申請をベースにサポートしていきたいと考えています。


そしてサポートしながら自分自身も皆様とそして地域とともに成長していきたいと思って業務に取り組んでいます。


そんなことを考えてるんだと、少しでも皆様に知っていただければ幸いです。

関連記事

ページ上部へ戻る