ブログ

一般社団法人設立

こんにちは。岡山の行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。

 

最近、一般社団法人についての問い合わせが増えました。

2008年の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」によって会社設立の場合と同様に準則主義をとることになりました。
以前に比べると一般社団法人の設立が簡単になったことが要因だと思われます。

 

「社団」とは何でしょうか?「社団」とは人の集まりのことを言います。「社団法人」とは、この人の集まりに法人格を与えたもので「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて設立された社団法人が「一般社団法人」です。

 

その一般社団法人設立のメリットとは何でしょうか?
・事業に関係なく、短期間で事業を開始できる
・手続きや運営が簡単
・株式会社と比べ、費用負担が少ない
・税法上のメリットがある
・法人名義で銀行口座の開設、不動産等の契約ができる
・国や地方自治体と契約する場合に有利
・社会的信用が得られる
などと言われています。

 

逆にデメリットとは
・認知度や社会的信用力が公益社団法人等と比べ見劣りする
・公益認定を受けるには高いハードルがある
・利益の分配ができない(構成員に分配が出来ない)
といったものがあげられます。

 

一般社団法人とNPO法人との違いをよく聞かれます。

それぞれのメリット・デメリットもありますので、法人化しようとする団体が何に目的をおくのかなどによりどの法人が適しているのか?

しっかりとお話をお聞きして最良の道を示していきたいと考えています。どうぞお気軽にご相談下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る