ブログ

イニエスタ効果

こんにちは、岡山の行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。

 


先日、イニエスタ効果の視察でヴィッセル神戸vsサガン鳥栖の試合を観戦しました。

どれだけイニエスタ選手を通じて世界に情報発信できているのか?また世界から日本にどれだけお客様などを呼び込めているのか?を確かめたく神戸に行きました。

試合開始3時間前に到着しましたが、イニエスタ、ポドルスキ、トーレスの共演ということもありお客さんの出足が早く、グッズ売り場にはイニエスタグッズが溢れて、人だかりが凄かったです。

結構高単価なアイテムもありましたが売れ行きは好調のように見えました。

スタジアム前の広場は大道芸人のパフォーマンスやスタジアムグルメのテントなども大勢の方で行列です。

欧米のTVクルー(スペイン?)も来ていてスタジアム外の芝生広場の賑わいを取材してましたね。

演出にもお金かけてました。客席にいても炎が熱かったです。

入場者数も2万6千人超えで満員のようでした。欧米・アジア系の観戦者も多く、いろいろな面でのイニエスタ効果が出ていることを体感できました。

 

スポーツを通じて日本を世界に発信でき、また海外から多くの方が日本に来てもらえるツールがスポーツだと思います。

スポーツ産業の発展が、日本の発展につながるのだとこの目で確認できた1日でした。

関連記事

ページ上部へ戻る